BigFriend’s blog

趣味のブログ

ドラえもんのモブキャラ考察 その1 〜安雄・はる夫編〜

今回、取り上げるのは安雄とはる夫です。のび太のクラスメイトです。

f:id:hassamu:20170419214840j:image

↑真ん中がはる夫、右が安雄

 

この2人はドラえもんの漫画での登場回数が非常に多いモブキャラであり、安雄に至っては出木杉くんやドラミを凌ぐ登場回数を誇ります。

 

・2人の初登場シーン

1.安雄

原作での初登場は「ノビタランド」(小四1974年7月号,単行本収録時に「ゆめの町、ノビタランド」に改題)。いつもの空き地が工事の資材置き場にされた事によって遊び場を失ったスネ夫たちと退屈そうにしています。

アニメでの初登場は同話を原作とした大山ドラ第1話「ゆめの町ノビタランド」(1979年4月2日放送)です。

f:id:hassamu:20170419215827j:image

↑1番右にいる帽子の少年が安雄。漫画と少しデザインが異なる(下図が同話の原作)

f:id:hassamu:20170419220147j:image

 

 2.はる夫

原作での初登場は(無題)(小四1972年6月号,単行本収録時に「おはなしバッジ」に改題)。スネ夫たちと一緒に乱暴ジャイアンの愚痴を言っていました。

アニメでの初登場は大山ドラ第38話「リザーブマシン」(1979年5月15日放送)です。

f:id:hassamu:20170419231328j:image

↑アニメ初登場シーン。今よりも少し痩せてる?

 

2.安雄とはる夫について

安雄の苗字

Wikipediaによると大山ドラ第1787話(最終話)「ドラえもんに休日を!?」(2005年3月18日放送)で、田中姓であるとされています。

声優交代後の水田ドラ第175話「恐怖のジャイアンディナーショー」(2009年11月20日放送)では、安雄のことを「浅間くん」と言うシーンがあります。

f:id:hassamu:20170422120604j:image

2人の性格

のび太のクラスメイトには「ペコペコバッタ」に登場したキャラ等を例に意地悪なキャラクターが多いですが、この2人はそのキャラに比べれば比較的温厚と思われます。

「ココロチョコ」では、勘違いでのび太に暴力を振るジャイアンを止めるシーンがあります。とは言いつつも、「⚪︎◻︎恐怖症」ではのび太に毛虫などを投げつけ怖がらせるシーンも有りますが。

f:id:hassamu:20170422120742j:image

名付けられた回

安雄の名前は「トレーサーバッジ」(小六1975年5月号)で初登場します。はる夫は「リザーブマシン」(小四1978年2月号,単行本収録時に「ドラ焼き・映画・予約ずみ」に改題)でした。

なお、はる夫は水田ドラでは「春夫」表記される事が多いです。

f:id:hassamu:20170422121044j:image

 

 

安雄とはる夫は登場回数がかなり多い為、集めた資料を全て整理しきれず、内容が薄くなってしまいました。次回からはもう少し内容もちゃんと書けるよう頑張りたいと思います。

 

〈次回予告〉

ドラえもんのモブキャラ考察 その2

〜背の高い黒髪の女の子編〜

f:id:hassamu:20170420080946j:image

↑次回取り扱うのは真ん中の女の子。登場回数は多くもなく少なくもないが、名前はまだ付いていない

 

ドラえもんのモブキャラ考察 その0

最初の記事は、ドラえもんのモブキャラに関する考察を書きたいと思います。

 

ドラえもんの漫画には数多くのモブキャラが登場しますが、今回の考察ではアニメに登場するモブキャラにスポットを当てていきたいと思います。

大山ドラのモブキャラは非常に数多く且つ一話のみ登場のキャラクターが多いため、キャラクター設定に比較的統一性のある水田ドラをベースに考察します。

順次、公開していきますのでご期待ください。

 

〈次回予告〉

ドラえもんのモブキャラ考察 その1

〜安雄・はる夫編〜

f:id:hassamu:20170419211759j:image

↑真ん中がはる夫、右が安雄

 

お楽しみに!

はじめまして

今日からブログはじめました。

完全に自分の趣味を軸にしたブログになると思います。

低頻度の更新で、内容もスッカスカな物になると思いますがよろしくお願いします。

 

※当ブログの画像はほとんどがネットからの拾い物です。申し訳ありません。